こんなときはドローン測量

株式会社 鎌倉鑑定

045-438-8991

〒247-0056  神奈川県鎌倉市大船2-19-35

営業時間/10:00~19:00 定休日/火曜・水曜

不動産の室内

こんなときはドローン測量

相続対策と不動産投資のコラム

2020/09/18 こんなときはドローン測量

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-09-18-13-11-03

駐車場と山林の面積が分からない

 

「駐車場部分と山林部分の面積を知りたいんですけど、測ってもらえませんか?」

 

今、保立税理士と横須賀の地主さんの相続税申告作業を行っています。

 

土地評価は主に不動産鑑定士の林さんに担当してもらっています。

 

林さん、年齢は70歳ですが頭も体も元気。

 

最近、新たにCADの操作もマスターしました。

 

さて、その林さんが困っています。

 

というのも、大きな一筆の土地の中に、駐車場部分と山林部分とが混在しているのです。

 

駐車場と山林とでは評価が違ってくるので、それを分けなければなりません。

 

普通の測量機器を使った場合

 

もちろん、トータルステーションという測量機器で測ることもできます。

 

でも、駐車場部分と山林部分との境目に境界標がある訳ではありません。

 

結局、「ここらへんかな」と、大体のところを境目として測ることになります。

 

それを測量機器を使ってミリ単位で測ってもあんまり意味がありません。

 

あと、実のところ、これが一番大きな問題なんですが、、

 

「境界線が直線ではないので、何箇所も細かく測ることになり、面倒!暑いし」

 

ドローンを使った場合

 

こんなときに役に立つのが、ドローン!

 

ドローンで空撮し、その写真を専用ソフトで処理して、座標化するのです。

 

ただ、普通のドローンで撮影すると、写真の撮影位置が不正確であるため、
正確な図面を作成することができません。

 

そこで、鎌倉鑑定では「phantom4RTK」という、測量専用のドローンを使います。

 

このドローンを使うと、GNSSの補正情報を国土地理院などからもらうことにより、写真の撮影位置を補正することができるのです。

 

これを使って座標化した場合、3cmくらいの誤差に収まる感じです。

 

今回のような測量にはこれで十分ですし、空撮写真を使うと資料も分かりやすくなります。

 

なので、ドローンによる測量をすることにしました。

 

空撮自体はあっさりしたものです。

 

事前に飛行計画を入力しておけば、あとは自動で飛んでいって、勝手に撮影してくれます。

 

その撮影データに、国土地理院の補正データで補正をかけ、metashapeという写真点群化ソフトで処理し、それをCADソフトに読み込ませます。

 

CAD上で面積を測ることができるようになるので、駐車場部分と山林部分の面積を計測することができるのです。

 

毎朝8時に相続対策・不動産情報をお送りしています。

こちらからご登録ください。

 

%e7%9b%b8%e7%b6%9a%e5%af%be%e7%ad%96%e3%81%ae%e5%b7%bb%e7%89%a9-3

 

 

株式会社 鎌倉鑑定
電話番号:0467-22-7772
住所 〒248-0007 神奈川県鎌倉市大船2-19-35
営業時間 10:00~19:00 定休日 火曜・水曜

TOP