不動産の相続

株式会社 鎌倉鑑定

0467-22-7772

〒247-0056  神奈川県鎌倉市大船2-19-35

営業時間/10:00~19:00 定休日/火曜・水曜

不動産の室内

不動産の相続

不動産の相続に関するお悩みなど

不動産の相続の税金でお困りの方へ

現金に囲まれた家の模型

神奈川で不動産を相続したけれど、税金が高すぎて払えない、上手く資産運用を行いたいなどといったことでお悩みなら株式会社 鎌倉鑑定へお気軽にご相談ください。
相続で不動産を取得した場合には、相続税は、個々の取得財産に課税されるのではなく、被相続人(亡くなられた方)の総財産に対して課税を行うことになっております。

是非ご相談下さい

不動産以外にどのくらいの財産をお持ちになっていたのか、亡くなられた後の不動産の相続税評価額などにより、相続税の申告の必要があるかを判断することになります。
不動産の相続に関しましては、状況に応じてさまざまな点から検討しなければなりません。
そのため、相続に関することで既にお悩みが生じているという方は、一度当社の無料相談をご活用ください。
相続税のご相談をいただいた場合でも、きちんと試算してみると、相続税が発生しない、というケースも案外多いです。
財産評価額が基礎控除される金額以下である場合には相続税はかかりませんし、不動産の相続税評価は実際の時価よりもずっと低い場合がほとんどです。
当社では、税理士と不動産鑑定士、土地家屋調査士が協力して相続税申告を行うことにより、相続税の払い過ぎを抑えます。

不動産の評価について

相続税の申告をする際には、相続した各種の財産を金額で評価することになります。
その際、「時価」で評価が行われますので、預貯金や有価証券などのように明確な金額がわかるものは問題にはなりませんが、不動産などの金額が明確でないものについては、各々の財産に応じた評価方法が法律で決められています。

不動産の相続についての現金と電卓

不動産の時価

国が定めている財産評価基本通達という基準によって、誰でもある程度は相続税評価額を計算することができるようになっています。
この基準に照らし合わせると、不動産は実際の「時価」の半分以下になることが多いのです。
また、不動産の評価は丁寧に行えば行うほど下がるようにできています。
当社には、不動産鑑定士が在籍しているため、信頼性のある「時価」を示すことができます。

投資について打ち合わせをする2人

相続税対策の必要性について

手帳上にある電卓とペン

相続税法の改正が行われ、相続税の納税者が増加するというニュースをテレビや新聞などで目にすることが多くなり、当社でも「心配になった」という方からご相談をいただくことが多くなりました。
では、本当に相続税対策は必要なのでしょうか。
まずは、被相続人となるご予定の方の総財産の確認などを行うことが必要になります。

専門家への相談がおすすめ

家のおもちゃを持っている老夫婦

財産確認後に、現状での相続税の試算を行うことで、相続税対策が本当に必要かどうかということがわかります。
また、お持ちの財産により、どのような相続税対策ができるのかも異なるため、相続税対策をお考えの際には、まずは専門家である税理士にご相談されることをおすすめいたします。

当社までご相談くださいませ

家のおもちゃを挟んで相談している

ご自身で考えられたり、一部の誤った書籍などの情報で対策を行ったりした結果、脱税行為に該当してしまったというケースもよく耳にしています。
この場合、税務署の調査などによって発覚すると、本来の相続税に加えて多額の加算税などが課税されることになってしまいます。
そのような事態を避けるためにも、ぜひ専門家にご相談ください。
当社では、数多くのケースの相続税対策に対応しております。
どうしてよいかわからない場合などは、一度当社へお気軽にご相談ください。

現金で納税ができないとき

相続税は、相続税の申告期限(相続開始から10か月以内)までに現金で納付することが原則として定められています。
しかし、不動産などの金額が明確でないものが相続財産の多くを占めている場合などには、期限までに現金で納付することが困難なこともあります。
そのような際には、納税金額を分割払いする延納制度や相続した不動産で納税する物納制度などを利用することが可能です。

日本の札束

例外もございます

相続した不動産を売却する場合

不動産の設計図

相続で取得した不動産を売却する場合には、相続人は被相続人の取得費と所有期間を引き継ぐことができます。
取得の時期や取得費の計算に利用する購入価格などは、被相続人が取得した日や取得した価格を利用します。
なお、相続人が支払った登記費用や不動産取得税も取得費に含めることができます。

様々な条件

和かいい夫婦と相談するスーツを着た男性

また、相続開始日の翌日から相続税の申告期限の翌日以後3年を経過する日までの期間内に不動産を売却する場合には、国が定めた一定の算式により計算した相続税額を取得費に加算することが可能になっています。
ただし、相続税額を加算した取得費により譲渡所得が発生しない場合でも、確定申告書の提出が必要です。
相続で取得した不動産を売却したいが、どの費用が取得費に入るかわからないなどといった場合には、一度、当社にご相談ください。

TOP